トップ / 血糖値上昇を抑える飲み物

血糖値を下げる朝食

血糖値上昇を抑える飲み物

飲み物でも血糖値を抑えられる

血糖値の上昇を抑えることには、飲み物の選び方、飲み方も関係してきます。食前30分前に飲むといいのが、野菜ジュースです。野菜ジュースは水の中に野菜の糖が溶け出しているため、体にすぐに吸収されやすい状態になっています。ですが野菜ジュースに含まれる糖はわずかな量ですのでそれほど血糖値は上がりません。

食前30分前に200ml程度を飲むことで、このわずかな糖に刺激されて体はインスリンを分泌させる準備状態になります。さらに野菜ジュースに含まれる食物繊維とクエン酸は血糖値の上昇を抑えてくれます。

食事の時にコーヒーを飲む習慣のある人は、食後に飲むことでコーヒーに含まれるポリフェノールが血糖値の上昇を抑えます。反対に食前に飲んでしまうと、コーヒーがアドレナリンを分泌させてインスリンの分泌を抑えてしまいます。インスリンが分泌しないと血糖値を上昇させてしまいますので注意が必要です。

食事中、食後など時間を気にせず血糖値の上昇を抑える飲み物もあります。タマネギ茶の匂い成分、シークァーサージュースに含まれるノビレチンには血糖値を下げる作用、アロエジュースはインスリン分泌を助けます。トマトジュースには抗酸化力の高いリコピンが含まれていて、インスリンの働きをサポートします。バナバ茶やゴーヤに含まれるコロソリン酸はインスリンに似た作用を持つ成分で、血糖値を低く安定させてくれます。

<飲み物を選ぶ時の注意点>
血糖値の上昇を抑える効果のある飲み物ですが、市販のジュースの場合糖分が多く含まれていることも多いです。よく確認して選ばないことには、飲んだことが原因で血糖値を上昇させてしまう可能性もあります。

一番安心できるのは家庭でミキサーで作ることですが、毎日のことだと作る手間もあります。市販品を購入する場合には糖分ゼロの商品、特定保健用食品に認定されている血糖値の上昇を抑える効果を表示している商品を選ぶことです。

Copyright © 朝食を抜くと血糖値が上昇する. All rights reserved.